ブログ Blog

Empower and Revitalize Japan for Next Generation

弊社の事業などに関する最新情報をご覧いただけます。
また、ビジネスパートナーの皆様にとってお役に立つ様な情報の発信も同時にしていきます。

[Update: Google As] パフォーマンスプランナーの活用

運用型広告を利用していると、「来月はどれくらいのCPAになるんだろう?」/「どれくらいの予算までなら今の効率を維持できるんだろう?」といった未来の予測が必要になります。この度、Google Adsに現在広告出稿を行っているキャンペーンの「今後の予測数値」をシミュレートする機能“パフォーマンスプランナー”が追加されましたのでご紹介します。

◆利用条件等
[パフォーマンスプランナーの利用条件]
– 72時間以上シミュレーション対象キャンペーンが稼働している
– 過去7日間にシミュレーション対象キャンペーンで3回以上のクリックがある
– 過去7日間にシミュレーション対象キャンペーンでコンバージョンが1件以上発生している
– 検索キャンペーンでかつ個別クリック単価、拡張クリック単価、目標コンバージョン単価、クリック数の最大化、またはコンバージョン数の最大化のうち、いずれかの入札戦略を使用している

[パフォーマンスプランナーが利用できないキャンペーン]
– 削除されたキャンペーン
– 共有予算を使用しているキャンペーン
– 個別クリック単価、拡張クリック単価、目標コンバージョン単価のいずれの入札戦略も使用していないキャンペーン
– パフォーマンスプランナーの利用要件を満たすための設定変更をしてから7日間以内のキャンペーン

◆パフォーマンスプランナーの利用方法
(1) ツールと設定からパフォーマンスプランナーを選択

(2) プランの追加(“+”ボタン)を選択して、シミュレーション対象のキャンペーンを選択する

(3) シミュレーション期間と指標(最適化KPI:コンバージョン/コンバージョン値/クリック)および目標とする数値(CPA/獲得件数/予算など)を設定

(4) シミュレーション数値を確認 (通常24時間ごとに予測データは更新されるようです)
*対目標に対してどのくらいの予算投下で指標(KPI)が達成できるのかをグラフで表記

*過去実績との比較で数値変動も簡単に確認できます

夏に向けてのプロモーションの予測をぜひパフォーマンスプランナーを利用して確認してみてはいかがでしょうか?(利用後にパフォーマンスプランナーの予測値と実際の結果の比較をお忘れなく!)

<参考>
Google 広告へのパフォーマンス プランナーの導入
https://support.google.com/google-ads/answer/9338821

パフォーマンス プランナーについて
https://support.google.com/google-ads/answer/9230124

SOPHOLA株式会社
齋藤