ブログ Blog

Empower and Revitalize Japan for Next Generation

弊社の事業などに関する最新情報をご覧いただけます。
また、ビジネスパートナーの皆様にとってお役に立つ様な情報の発信も同時にしていきます。

真似るとは?【さくらのつぶやき⑩】

以前のブログで[素直に真似る]について書きました。
*一緒に働きたいと思ってもらうには【さくらのつぶやき⑨】にて

皆さんは、”真似る”を普段から活用していますか?
例えば、仕事ではミスを減らすため・成長速度を速めるために、上司のやり方を真似ようとする。仕事以外でも、こういう人になりたい!と思う人物がいた場合、まず行動を真似てみたりしますよね。

真似ることで、学べることは沢山あります。
ですが、真似ようと思っているにも関わらず[思うように真似ることができないどこまで真似したらいいか分からない]そう感じている方もいらっしゃるかもしれません。(私がそう感じていました)

「”真似て学ぶ”を活用したいけど、何故かうまくできないなぁ」と思ったことがある方は、私がSOPHOLAで教わった、真似ることについての考え方が役に立つかもしれません。
今回は、そちらを皆さんにご紹介させていただきます。

どう真似るのか

結論から申し上げますと、ただ行動を真似るのではなく、その人の仕事や人生における考え方を真似ることです。
言われたことをただ実行するのではなく、その人がどうしてその行動を選択しているのか?について興味を持つということですね。

私はマッサージの仕事をしていますが、マッサージってお店やスタッフによって、施術のやり方が違いますよね。(マッサージを受けたことがない方もいると思いますが…)
マッサージの始め方も、足から?背中から?などやり方は沢山あります。ただ、何となく気分で足から始めているわけではなく、それぞれちゃんと意味があります。笑

頭でも納得できていることもあり、やり方を失念することも間違えてしまうこともありません。もちろん、経験の長さなどもありますが。

皆さんの仕事も、そうだと思います。
ただ何となくそのやり方でやっているのではなく、理由がありますよね。

当たり前の事のようですが、例えば、慣れていない仕事で目の前の事に必死になっている時、ついやり方だけに意識が向きやすいです。(私がそうです。)
私は普段から、人のやり方/行動の理由や考え方について興味をもつよう訓練しています。笑
実際に聞いてみたり、想像してみたり。
また、知っていても忘れてしまうものだと思うので、今日はどうだったかな?と毎日振り返るようにしています。

ただ、行動を真似るのではなく、その人の仕事や人生における考え方に興味をもって、真似る。
少しでも参考になりましたら幸いです。

SOPHOLA
アソシエイト
田中さくら