ブログ Blog

Empower and Revitalize Japan for Next Generation

弊社の事業などに関する最新情報をご覧いただけます。
また、ビジネスパートナーの皆様にとってお役に立つ様な情報の発信も同時にしていきます。

一緒に働きたいと思ってもらうには【さくらのつぶやき⑧】

「この人と一緒に働きたい」
一緒に働く人にそう思ってもらうに越したことはないですよね。

特に、新人のうちは上司に「この人に色々教えたい」と思ってもらいたい。
先日SOPHOLAの上司に、”一緒に働きたいと思う人とは”について、アドバイスを賜りました。

結論から申しますと、素直な人であること。
確かに素直さは大切だよな~と思っていました。
ですが、素直さを相手にどう伝えるのかについて具体的に考えたことは無かったのです。

SOPHOLAだけでなく、どの会社に勤めていても重要な事(特に新人の時)だと感じたのでご紹介させて頂きます!

素直に真似る

上司のやり方を、素直に真似る。
特に新人のうちは”完全に真似る”です。
知識量や経験の量が、圧倒的に豊富な上司のやり方を完全に真似ることができれば、成長速度は速いですよね。

ちなみに私は、真似るということについて何度もアドバイスを頂いていますが、未だに”完全に真似る”を完璧に実行できていません。笑

どこかで「自分でも考えて行動しないと」という気持ちがあり、勝手に自分で判断してミスしてしまったり。。
知識も経験も浅いうちは、上司のやり方を完全に真似て行わないととミスをする!と身をもって学びました。笑
ですので、”素直に完全に真似る”を徹底して行うことにより、防げたはずのミスが減り、この人と一緒に働きたいと思ってもらえることにも繋がるかと思います。

素直に質問する

素直に「わかりません」と言えますか?
モヤモヤした状態で、先に進まないようにする。

また、なぜ?の質問をすることで、より深く理解することができます。
例えば、なぜそのやり方なのか?他のやり方はあるのか?など。

自分が上司の立場になって考えた時、
分からない事は分からないと素直に伝えてくれる。

なぜ?の質問をしてくれる。
そんな人に、教えていきたいと思いますよね。

”素直に質問をする”人に何かを教わるときに、必ず必要なスキルだと思います。

自分に素直である

上記の、素直に真似る・素直に質問するを実行する際に、大切なことは自分に素直であることです。

自分はまだ知識や経験が浅く、分からない事が多いという事実を素直に認めること。
自分に素直でない状態で、相手に対して素直になるのは難しい。
自分の現状をありのままに受け入れることが【素直に真似る・素直に質問する】を行う時に、必要不可欠だと感じています。

”自分に素直である”ぜひ、意識してみてください。

まとめ

私は、素直であることを意識し始めて「あ~今、素直な状態じゃないな」と感じたり、一日を振り返ったときに「素直さが足りていないかったな」と反省することが多くなりました。

完全に真似るが実行できていなかったり、質問がうまくできなかったり。。
毎日猛省の日々です。笑

素直さは、一緒に働きたいと思ってもらうためにも必要なスキルです。
ですが、素直さは”時間を有効に使う”ことにも役立つと感じています。

例えば私の場合、同じミスをしてしまった時など、落ち込んだ気持ちをずるずる引きずります。
その気持ちが、その後の業務にも響いてしまったり。。
ですが、自分に素直な人ならどうでしょうか。
ミスをした現状をありのままに受け入れて、原因を探り、改善していくことに時間を費やす。
明らかに、素直な人の方が時間を有効に使っていますよね。

ミスをしたときに、沈んだ気持ちやモヤモヤが続くのは、現状を受け入れたくない!という気持ちがどこかにあるのだと思います。(私の場合です)

私の課題は、先ずとにかく自分に素直であること!です。笑

皆様も、自分は素直かな~?と考える機会になれば嬉しいです。

SOPHOLA
アソシエイト
田中さくら