ブログ Blog

Empower and Revitalize Japan for Next Generation

SOPHOLAのVision(目指す世界観)、Mission(果たす役割)、Values(大切にする価値観)を体現する取り組み・アイデアを発信。
SOPHOLAの雰囲気がわかるような社員の日常や想いも更新していきます。

【Amazon広告最適化ソリューション:新機能(β版)】Amazon内での検索語句の検索頻度率の把握が可能!

Amazon検索語句レポートと統合することによって、Amazon内での検索頻度率(Search Frequency Rank)を把握することが可能になりました。※Search Frequency Rankが低いほど、検索頻度が多く人気の検索語句

アマゾンの検索トレンドは常に進化しています。さまざまな理由が考えられます。例えば、

  • 時間の経過に伴う需要の変化
  • Amazonが検索バーのオートコンプリート候補を変更
  • ブランド分析でレポートするAmazonの変更検索用語統計

この検索トレンドを把握することで、商品名や商品説明のアップデートや販売戦略や商品開発に有効活用することが可能です。

例えば、「PROTEIN SHAKE」と「PROTEIN SHAKES」、どちらのほうが検索が多いでしょうか?
2021年6月を境に、「PROTEIN SHAKE」の検索頻度が高くなっていることから、商品名や商品説明の文言を変更することで売上UPが見込めます。

また、商品カテゴリーごとの検索頻度率を知ることで、チャンスのあるカテゴリーを知ることが出来ますよね。例えば、プロテイン商品群では
「PROTEIN POWDER」のマーケットは、「PROTEIN SNACK」よりも大きいことが分かります。

世の中のトレンドは常に変化していますので、いま検索頻度率が良くても、その傾向がずっと続くとは限りませんよね。
「PROTEIN POWDER」を例に見てみますと、徐々に検索頻度率が悪化していることが分かります。トレンドをしっかり把握することで、こういったことも、販売戦略などに有効活用できます。

Amazon内での検索語句のトレンドを把握することは、商品の売上に大きく影響しますので、ぜひ参考にしてくださいね。
弊社Amazon広告最適化ソリューション「m19」にご興味のある方は、ぜひお問合せください。

SOPHOLA株式会社
執行役員
飯野 芳里