AdScale Enterprise圧倒的なパフォーマンス改善を実現!

世界初の広告予算配分、施策レコメンデーション機能を搭載

多数の国内大手金融機関やECサイトで利用される運用広告最適化プラットフォーム

AdScale Enterprise

AIによる運用型広告の自動管理/最適化
ワンプラットフォームでGoogle/Yahoo!Japan/Facebook/Instagram広告を自動最適化

AdScale Enterprise-AIによる運用型広告の自動管理/最適化

運用型広告の管理は運用媒体の増加や新機能の追加などにより複雑になってきています。また、一般的にマルチプラットフォームのキャンペーンでは入札や予算調整などの管理工数が増加しやすく、管理がうまくいかないと成果はすぐに悪化します。そのため、手動での広告運用/管理は非効率で限界を感じているマーケターは多いと思います。

この成果と工数の課題を解決するのがAdScale Enterpriseです。AdScaleを利用することで、広告主はマルチプラットフォームを横断して広告の最適化を行うことが可能です。AI(機械学習)を使用した成果管理、施策自動化、24時間365日稼働する最適化を通じて、作業時間を節約し広告のパフォーマンスを向上させることができます。

広告管理の自動化と最適化の組み合わせにより、2-4週間でKPIが平均20〜40%向上し、作業時間を80%近く削減することが可能です。

マルチプラットフォームを横断しての最適化

複数のプラットフォームで多くのキャンペーンを横断して広告予算を最適化し、効率的に入札や予算などを最適化するには、月に数百万回以上の最適化アクション(予算調整/入札/追加キーワードなど)が必要になります。手動で 24時間/365日この最適化アクションを実施することは不可能です。このような状況に対応できるのはAIによる作業のシステム化で、運用媒体をAPI経由でAdScaleに接続することでこの問題を解決することできます。AIが利用可能な膨大なデータを利用して、最適な予算を各時間帯別に配分し、過去データからあらかじめ予測した最適な入札価格を設定することができます。



AIによる継続的な最適化

ほとんどの広告管理プラットフォームは何らかの形で入札最適化を提供していますが、複数の媒体を横断しての予算の最適化を行っているプラットフォームはAdScale以外にはほぼなく、また広告予算の最適化を同一媒体内で効率的に行っているツールはあまりありません。つまり、運用型広告の最適化で重要な予算管理に関してマーケットの変化をタイムリー反映できておらず、無駄なコストが発生していることが多くあるということです。

AdScaleの予算管理AIは、過去の実績データと最新のトレンドに基づいた高度な予測アルゴリズムにより、各プラットフォームやキャンペーン全体に時間帯別に予算を割り当てることで、運用型広告のパフォーマンスを最大化します。また、広告予算の最適化に加えて、入札予測/管理AIによる入札の最適化により、広告が常に適切なポジションに最適なタイミングで表示され、最高の結果を得ることができます。AdScaleの入札予測/管理AIは、デバイスやオーディエンスなどを考慮/学習して、複数の目標/ゴールや中間タッチポイント持つ複雑な目標ファネルを処理することができます。

継続的な成果改善には、アカウント構造の最適化も重要です。広告代理店の場合、新しいアカウントが開始する際には、経験豊富な運用者をアサインしますが、アカウントの運用が開始した後、ある程度時間が経過するとより若い運用者に案件が引き継がれて成果が悪化することがよくあります。

AdScaleの施策レコメンデーションはアカウント改善案を提案し、クリック一つで改善案を実装できます。 20種類以上の実用的なレコメンド項目は、ターゲティングの改善、新規キーワード/除外キーワードの追加、品質スコアの改善、クリエイティブの調整など多岐にわたり、定期的なアカウント構造の改善に努めます。

広告アカウント/広告成果を改善し続けるプロセスの自動化

広告キャンペーンの管理を自動化することで運用者の作業時間の大幅な節約につながります。プラットフォームを横断しての予算管理と24時間/365日稼働する入札管理により、広告キャンペーンは自動的に最適化され、手動管理の手間を大幅に削減します。

広告プロモーションの目標を設定し、複数プラットフォームを横断して日々の定型タスクを自動化することにより、運用型広告の成果を確実に改善することができます。

また、自由度高くカスタマイズ可能なレポートも簡単に作成可能で、クライアントやアカウント管理者へのレポート送付を自動化することできるため、レポート作業時間を大幅に節約出来ます。

媒体を横断しての新たな知見の発見

AdScaleの特徴の1つは単一のダッシュボードで複数媒体すべての広告成果を確認することができる点です。 AdScaleのパワフルでカスタマイズ性の高いダッシュボードは、媒体を横断して成果を分析し、新たな知見を発見するためのきっかけを提供します。

また、AdScaleのカスタムアラートは、キャンペーンに異常が発生した場合に即座に通知を送るため、数値の異常/ランディングページにアクセスできない/不承認の広告やキーワード等が発生した際にすぐに状況を把握して対応することが可能です。

AdScaleでの成果改善の見積り

AdScaleは、手動での広告管理を減らしながら、運用型広告のパフォーマンスを向上させたい事業会社や代理店にとって必要不可欠なツールです。以下のリンクからアカウント診断を実施して、AdScaleによる複数媒体を横断した予算管理/入札の最適化/自動での施策実施によって御社の広告のパフォーマンスがどのように改善できるのかをぜひ確認してください。

AdScaleの国内外の事例についてご興味ある方は、最新事例集をダウンロードしてご参照ください。

導入ステップ

Step1)NDA締結
Step2)弊社MCCとの連携
Step3)無料アカウント診断の実施
Step4)診断結果の共有/本利用条件の確認
Step5)オンボーディングシートの作成(予算、KPI、目的、諸条件のヒアリング実施後)
Step6)AdScale AIとトライアルアカウントの接続
Step7)1ヶ月無料トライアル実施
Step8)結果振り返り/本利用意向の最終確認
Step9
)導入

    お名前*
    会社名*

    ※誠に恐れ入りますが、個人のお客様のご相談はお受けしておりません。

    メールアドレス*
    電話番号*

    お問い合わせの際は、必ずプライバシーポリシーをご確認ください。