ブログ Blog

Empower and Revitalize Japan for Next Generation

弊社の事業などに関する最新情報をご覧いただけます。
また、ビジネスパートナーの皆様にとってお役に立つ様な情報の発信も同時にしていきます。

[Update: Google As] 検索広告における平均掲載順位の廃止

2019年2月26日(火)にGoogleが2019年9月に検索広告における平均掲載順位を廃止する予定であることを発表したのでご紹介します。※実際の廃止日程は変更となる場合があります。

現在の広告の平均掲載順位はあくまでも広告が表示されている「順番」を表示していますが、平均掲載順位が1位の広告は掲載位置が検索結果の上部にある場合も検索結果の下部にある場合も変わらず1位です。実際に広告運用を行っている人は気づくと思いますが、検索結果の下部に表示された1位の広告の成果はあまりよくないものが多いです。これは、平均掲載順位が広告運用において管理すべき重要な指標ではなくなってきたとも言えます。

では、平均掲載順位に代わりに何がこれから注目すべき指標になるのかというと、2018年11月に追加されたインプレッション指標、「検索結果ページの上部インプレッションシェア」と「検索結果ページの最上部インプレッションシェア」および「クリックシェア」です。*クリックシェアはもともとショッピング広告のみの指標ですが、直近で検索広告キャンペーンでも確認ができるようになっています。

簡単にまとめると、広告の掲載順位が
「順番」から「場所」
「掲載位置」から「視認性」
に変わっていくことだと表現できます。

これに伴って、特に外部の入札ツールベンダーは入札アルゴリズムのアップデートが必要になりますし、インハウス/代理店共に社内での細かなコンポーネント(キーワード/広告等)の評価をインプレッションシェアを加えたものに変えていく必要が出てきます。約半年後の平均掲載順位の廃止に向けて少しづつ準備を進めていきましょう。

<参考>
1. [Update: Google Ads] 広告運用に関するインプレッション指標の追加

[Update: Google Ads] 広告運用に関するインプレッション指標の追加

2. Google広告ヘルプ「平均掲載順位が廃止されます」
https://support.google.com/google-ads/answer/9263492

SOPHOLA株式会社
齋藤