ブログ Blog

Empower and Revitalize Japan for Next Generation

弊社の事業などに関する最新情報をご覧いただけます。
また、ビジネスパートナーの皆様にとってお役に立つ様な情報の発信も同時にしていきます。

[Marketing Tool] 運用役立ちツール その1

すっかり寒くなってきましたが、皆さん体調は大丈夫でしょうか?? 寒いと引きこもりがちになると思いますが、引きこもっているマーケ担当の方に活用していただきたいツールをまとめてみました。

(1) Googleトレンド
https://trends.google.co.jp/trends/
Googleトレンドは、Googleで検索されるキーワードの検索動向を調べることができるツールです。キーワードの検索数が「増えているか?」、「減っているか?」の推移を把握できるため、市場リサーチや検索広告の結果を分析する際に利用できます。「キーワードの成長性」や「キーワードの年間/月間/週間トレンド」などをこのサイトから確認することができます。

(2) ウェブチェッカー
https://r.webchecker.biz/
ウェブチェッカーはウェブサイトを定期的にチェックして、変更があった場合にメールでお知らせするサービスです。サーバの生存確認にも利用可能です。代理店にてクライアントの広告運用などを行っていると、突然前触れなくセールやキャンペーンが開始される場合があるのですが、このツールを利用していると、Webサイトに更新があった際にメールで連絡をもらえるので、すぐにWebサイトの変更/変化に気づくことが可能です。競合サイトの更新確認にも利用できます。

(3) PageSpeed Insights
https://developers.googcom/speed/pagespeed/insights/
PageSpeed Insights では、特定のサイトのモバイル端末/パソコン向けのページの実際のパフォーマンスに関するレポートと、ページの改善に関する情報を確認できます。速度スコア(ページスピード)からどんな項目(画像サイズ/サーバ応答スピード/画像遅延読み込みなど)を改善すると良いのかを示してくれるので、Webサイトの改善を行う際のポイントを探すことができます。

(4) Ghostery
https://chrome.google.com/webstore/detail/ghostery-%E2%80%93-privacy-ad-blo/mlomiejdfkolichcflejclcbmpeaniij?hl=ja
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/ghostery/
Ghostery は、Web上で表示される広告をブロックしたり、広告などの追跡(トラッカー/クッキー)を阻止するためのツールです。Google ChromeやFirefoxにアドオンとしてインストールできる拡張機能です。Ghostery を利用すると、Webサイトの「アクセス解析」や「ソーシャルメディア」、「広告」に関するトラッカー情報が表示されます。そのため、特定のWebサイトが「どんなサービスを利用しているのか?」、「どんな広告配信を利用しているのか?」を確認できます。競合調査に利用することが可能です。

(5)Wappalyzer
https://chrome.google.com/webstore/detail/wappalyzer/gppongmhjkpfnbhagpmjfkannfbllamg?hl=ja
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/wappalyzer/
Wappalyzer は、Webサイトがどんなサーバ/CMS/言語を利用しているかを確認するためのツールです。Google ChromeやFirefoxにアドオンとしてインストールできる拡張機能です。Wappalyzerを利用すると、Webサイトのサーバ/CMS/言語/利用しているSaaSサービス/タグマネージャーなどの情報が表示されます。そのため、特定のWebサイトが「どんなサービスを利用しているのか?」、「どんなCMSを利用しているのか?」を確認できます。こちらも競合調査に利用することが可能です。

Google AdsやYahoo!プロモーション広告などの運用型広告は顕在層/潜在層両方にアプローチできる広告プラットフォームですが広告管理画面を見るだけではよい成果/高い業務効率を引き出すことはできません。ぜひこのようなツールも活用して快適なマーケ活動を進めていきましょう。

SOPHOLA株式会社
齋藤