ブログ Blog

Empower and Revitalize Japan for Next Generation

SOPHOLAのVision(目指す世界観)、Mission(果たす役割)、Values(大切にする価値観)を体現する取り組み・アイデアを発信。
SOPHOLAの雰囲気がわかるような社員の日常や想いも更新していきます。

Lunio|Lunioで1年間不正クリック対策を続けた企業の改善事例

2021年11月から現在までGoogle広告の不正クリック対策のためにLunioをご導入いただいている教育業界の企業。月広告費は5,000万円以上(YouTube広告以外では、月3,500万円ほど)で、導入前の不正クリック率は13%ほどでした。単純計算すると、650万円ほどが毎月不正クリックで無駄に消費されていたことになります。(この状況をトライアルで可視化して、国内外の類似ツールと比較の上最終的にLunioを選択いただきました。)今回のブログでは、このアカウントがLunio導入後1年でどのように不正クリック状況を改善できたのかをご紹介します。

まず、不正クリック率と不正ユーザー数推移。不正クリック率は13.1%から5.3%と半分以下まで改善できています。不正ユーザー数は、導入後9ヶ月時点で大きく増えていますが翌3ヶ月で防止ができています。このように常に発生する不正ユーザーに継続的に対応することで、不正クリック率/ユーザー数について大きな改善が実現できました。(導入前は1ヶ月分のデータしかないので、不正ユーザー数は未入力)金額換算すると、YouTube広告以外の年間広告費1.5億円のうち、1,000万円近くが不正クリックコストとして使われず、適正クリックコストとしてきちんと使われる形になりました。

次に、同アカウントの獲得系KPIの推移。コンバージョン率は、導入して3ヶ月で+62%改善してその後も同レベルで維持できています。CPA(獲得単価)についても半年ほどで約15%改善できています。
ちなみに元々不正クリック率が2%未満の場合、このような改善具合にはなりません。大体不正クリック率が10%前後のアカウントにLunioを導入すれば、獲得系KPIにもこれくらいの改善具合が見えると思います。Google広告の最新キャンペーンP-MAXやGoogle広告以外にも対応しているので、クリスマス・正月商戦前に気になる方はお問い合わせください!

SOPHOLA株式会社
創業者兼代表取締役